RSS
 

喜多條便り2017年春号

タイトル


毎度ごひいきに預かりありがとうございます。
寒暖の差が例年よりもかなりひどくなってきていますね。僕が生まれ育った大阪・天満の地は、比較的温暖な気候の場所ですが、今年はチラチラと雪が降りました。
昆布だけ生活を始めて2年近くになりますが、残り人生を昆布一筋に生きていこうと考えたのは、4年前に昆布水用昆布「昆布革命」を発表してから急に身辺が忙しくなり(商売が忙しくなったわけではないですよ!)、少しでも昆布のための時間を作りたいと思ってすべての趣味を卒業したのですが、逆に
以前よりも忙しくなってしまいました。
66歳になって人生の目標がはっきりと、意識できるのはとてもありがたいことです。これからは迷わず昆布一筋に、暮らして生きますのでよろしくお願い申し上げます。
昆布で世界の人に「美味・健康・美容」を目指します!!

大阪こんぶペン

当社の会社名は(株)天満大阪昆布ですが、大阪には大阪昆布と名前がつく会社がたくさんあります。当社の親会社も大阪昆布海産(株)といい、鹿児島には兄弟会社の大阪昆布フジイさんがあります。2月に行われた大阪産(大阪もん)大展示会の時に、大阪府が江戸時代から大阪名物「大阪昆布」の看板を僕の会社のブースに作ってくれました。それを見て「大阪こんぶ」という商品がこれまでになかったことに初めて気づきました。

世の中には大阪人に憧れる人もおられるようで、僕は大阪弁しか喋れませんが「本物の大阪弁 カッコいい!」と何人かに言われたことがあります。

今回の「大阪こんぶ」は上等の北海道産の昆布を細かく粉砕したもので、あらゆるお料理にふりかけて召し上がっていただけるように昆布の磯臭さを抑える特別な加工を施しました。昆布の粉末とは製造方法が違い、これまでになかったタイプのどんなお料理にもトッピングとして使っていただける昆布です。
容器も今回はすごく工夫いたしました。ペン型容器です。最初は、見た目の面白さに興味を持ったのですが、実際に使ってみると使いやすさ抜群で即採用しました。ふりかけたいところにピンポイントで、お好みの量の「大阪こんぶ」をふりかけることができます。僕は赤いエプロンの左ポケットに常に入れて持ち歩いています。680円(税別)の商品ですが、今回は新発売記念価格として期間限定で480円(税別)でご紹介します。しかも詰め替えに便利な漏斗(特許製品)付きです。
お好み焼きやたこ焼き一人前にふりかけるのに、ちょうど良い分量(約0.5g)の『大阪こんぶ』2袋をサンプルとして同封しております。僕が1番使いやすいと思っている分量です。僕の大好きなお豆腐(湯とうふ・冷奴)にかけて召し上がるのでしたら、2回分くらいですね!『大阪こんぶ』を開発してからは、どんなものにでもふりかけて食べています。サンプルを使ってみてくださったら、ぜひ感想を教えてくださいね。自家製パンに練り込むのもおすすめです。ご注文お待ちしています。空になったら詰め替え用のお得な袋入り(50g)もありますのでご利用ください。


シートマスク

3年前から自分のほうれい線と目の下のたるみが気になっていました。テレビをはじめ色々なマスコミに取り上げていただく機会が増えて来ましたので、アップになるとすごく目立って嫌な感じがしていました。最初は昆布を直接顔に貼り付けてみたのですが、臭いと塩分が気になってすぐに止めました。そうしているうちにFacebookを通して連絡があり、鳥取県で国産の鯛の鱗からコラーゲンを取り出してシートマスクを製作している化粧品会社を紹介していただきました。僕も実際に工場見学に行き社長様や技術者の方と、話し合い特殊な方法で北海道産の昆布より昆布エキスを取り出し、鯛コラーゲンとコラボした試作品を作りました。僕が出した条件はできる限り化学物質を使わずに製品化することで、香料は一切使用していません。メーカーさんも初めての試みだったそうです。本当は昨年の夏に試作品が完成していたのですが、思いもかけない話題が持ち上がりました。それは昆布にポリフェノールが含まれているということです。誰も注目していなかったのですが、もしかしたらそれに特別な効果があるかもしれないということで、発売をしばらく延期しました。2ヶ月ほど経ったある日、技術者の方から電話があり「喜多條さん!昆布のポリフェノールにも抗酸化作用があり、製品にそのことを表示できる許可が保健所から出ました!!!」とても興奮した声でした。後から聞くと抗酸化作用(老化に対抗する作用)を、表示することを許可される化粧品は大変珍しいそうです。
実際に僕がお風呂上がりに10分間顔に貼った後、勿体ないから手足や膝に擦り込んでいましたら、今年の冬はお肌ツルツルで手足のしっとり感もタップリ出てきました。僕の手を見たり触られた人は本当にびっくりされますよ!
肌の状態が改善されるまでは毎日お使いいただくことをおすすめしますが、肌の調子が整ってきましたら1週間に1、2回のご使用でも十分ですよ。



生意気に「昆布の事ならなんでもお任せくださいね!」が、僕の口癖でした。ところが実践していなかったことがあります。『熟成させた塩昆布』のご案内です。僕は常々、塩昆布は『熟成させる方が美味しい』と言っていたのに、炊き立ての塩昆布だけを販売して熟成はお客様にお任せしてきました。
「塩昆布(しおこぶ)を、塩昆布(しおこんぶ)という、まずさかな」という川柳があります。大阪では佃煮昆布を「しおこぶ」とよび、食卓には欠かせないものでした。「しおこぶ」は佃煮屋さんで買ってくるのではなく、各家庭で半年分くらいを家族の好みの味付けでお母さんが炊いていました。(大阪では煮ることを炊くと言います。)春には筍や山椒を入れて炊き、秋には松茸を入れて炊きました。小説・夫婦善哉にもその光景が描かれていますね。もちろん僕の家でもよく母が塩昆布を炊いてくれました。
そんな大阪の家庭の味を再現しようと、醤油・みりん・清酒だけで最高級の白口真昆布を炊いて、思い切って熟成させることにしました。年末の売り出しの時にはまだ熟成期間が短かったので満足のいく味ではなかったのですが、先日食べてみると年末に食べた時とはまったく違う深みのある味になっていました。昆布も人間も時を重ねれば良い味が出てくるのですね。円熟の魅力です。(僕も円熟期に入っている筈ですが中々・・・)本当に熟成された素晴らしい塩昆布ですが、試作的に作っただけですので30キロ分しか商品がありません。賞味期限は3ヵ月です。皆様の評判をお聞きしてから、次の製品を炊く予定ですから、次回6月の売り出しには熟成が間に合いません。早くても9月の売り出しまでお口に入りませんよ!売り切れゴメンの限定販売です!



東京で開かれた大きな食品の展示会に出店した時に出会った問屋さんから、生産者さんこだわりの商品をいくつか紹介してもらいました。その中でも特に『良いもの』を3つ選びました。どの商品も生産者さんの思いの詰まった商品です。
今回限り・数量限定・喜多條便りでしっかり宣伝するという条件で展示会価格(とってもお買い得なサンプル価格です!)での仕入れに成功しましたので、会員の皆様にご紹介します。

一つ目の『良いもの』は、三重県の熊野市ふるさと振興公社さんが着色料や保存料は一切使わず作る昔懐かしい味わいの梅干しです。
青梅を一晩水に浸けて灰汁を抜いてから、4週間ほど塩漬けしますと梅の良い香りとともに琥珀色の梅酢(クエン酸を主とした酸味の強い酢)が自然に滲み出てきます。梅酢から出して天日に干すと梅の水分が抜け、皮や果肉が柔らかく色付きも良くなります。3、4日天日にしっかり干したらしそ漬けです。しその葉をちぎって樽の中で塩にしっかり馴染ませ、力を込めて粗揉みを数回繰り返すと灰汁がぬけます。灰汁の抜けたしその葉に漬け込みの際にできた梅酢を浸みこませ、梅と交互に積み重ねながら樽で漬け込んで仕上げます。とても手間のかかる重労働ですが、ほとんどを手作業でおこない『美味しい梅干しになあれ。』という生産者さんの思いの詰まった梅干しです。通常2,285円(税別)ですが、今回限りということで限定100個1,800円(税別)でご紹介します!ぜひお早目にご注文ください。



缶詰め

二つ目の『良いもの』は静岡清水の老舗寿司店『日出寿司』さんが監修して作られた太刀魚・金目鯛などの高級魚の煮物の缶詰です。日出寿司さんはお寿司が美味しいのはもちろんですが、継ぎ足し継ぎ足しで煮詰められた秘伝のタレで炊き上げる魚の煮付が評判のお店です。缶詰は保存食・非常食のイメージが強かったのですが、一口食べてそのイメージがガラリと変わりました。お皿に開けて電子レンジでチンしただけなのに、美味しい!びっくりしました。お土産に買って帰ろうとお値段を聞いたらなんと1缶900円!美味しいはずです。詳しく尋ねると、某有名百貨店の通信販売でも人気の商品だそうです。納得です。太刀魚・金目鯛・マグロ・かじきの4種類あります。こちらも今回限り数量限定(4種類各150缶)





トマトジュース1



三つ目の『良いもの』は、インターネット楽天市場のトマトジュース部門で常に上位にランクインしている湘南とまと工房さんの湘南完熟トマト100%のトマトジュースです。湘南の太陽と潮風いっぱいに浴びた湘南完熟トマトを丁寧に濃縮したまじりっけ無し、うま味たっぷりのトマトジュースです。湘南とまと工房のトマトジュースは他の製品に比べてうま味がずば抜けて高いというデータ通り、昆布も顔負けのうま味です。そのまま飲んでも美味しいですが、煮込み料理にお使いいただくのもおすすめです。このトマトジュースで作る『昆布締め豚ロース肉のトマトジュース煮込み』は僕の大好きな料理のひとつです。作り方は簡単です。一晩昆布締めにした豚ロース肉をいつもの味付けで煮込むだけ。その時お水の代わりにトマトジュースを使えばOKです。昆布と豚肉とトマトのうま味のトリプル相乗効果でとっても美味しい煮込みができますよ。
この商品は楽天市場で1,000円(税込)で販売されている商品です。今回は900円(税別)でご紹介します。他の商品に比べ割引が少ないのには訳があります。この商品には『高品質のトマトジュースを作る』という以外に2つの取り組みがあります。一つ目は、湘南完熟トマトの生産者農家を中心とした地域の農業の活性化です。もう一つは、作業場のちょっとした工夫や一緒に働く人同士のちょっとした気遣いや手助けによって障がいを持つ人の働く場を広げようとする取り組みです。誰かが誰かを一方的に支援するのではなく、お互いに協力してお互いに発展していこうという取り組みだと思います。だからこの商品は、湘南とまと工房さんに無理な仕入価格をお願いせず、僕の会社も無理をせず、お客様にも喜んでいただける、みんなにとって利益のあるお取引をしたいと思ってこの価格にさせていただきました。本当に美味しいピュアなトマトジュースです。ぜひお試しください!

トマトジュース2

この商品は楽天市場で1,000円(税込)で販売されている商品です。今回は900円(税別)でご紹介します。他の商品に比べ割引が少ないのには訳があります。この商品には『高品質のトマトジュースを作る』という以外に2つの取り組みがあります。一つ目は、湘南完熟トマトの生産者農家を中心とした地域の農業の活性化です。もう一つは、作業場のちょっとした工夫や一緒に働く人同士のちょっとした気遣いや手助けによって障がいを持つ人の働く場を広げようとする取り組みです。誰かが誰かを一方的に支援するのではなく、お互いに協力してお互いに発展していこうという取り組みだと思います。だからこの商品は、湘南とまと工房さんに無理な仕入価格をお願いせず、僕の会社も無理をせず、お客様にも喜んでいただける、みんなにとって利益のあるお取引をしたいと思ってこの価格にさせていただきました。本当に美味しいピュアなトマトジュースです。ぜひお試しください!



毎年この時期に東京大森の『海苔の松尾』さんの美味しい焼き海苔『推』と『丸』をご紹介させていただいています。2年前の大不作の年も松尾さんのご協力で何とか同じ価格でご用意させていただいたのですが、今年はどうにもならないと松尾さんから連絡がありました。今年は九州産の新海苔だけでなく日本中の海苔が量的にも質的にも不作で、海苔の卸価格が4割もアップしているそうです。 今年は海苔のご紹介を諦めるかどうかとても悩みましたが、『丸』ならば例年とかわらない品質をなんとか保てるということでしたので、今年は『丸』のみご紹介させていただきます。『丸』には少々の割れや穴がありますが、味は絶品、本当に美味しい海苔です。美味しい海苔が少ない今年だからこそのオススメの焼き海苔です。



シートマスク

3ご進物用のラウス昆布の取り扱いを昨年よりおこなっておりません。ラウス昆布をずっとお使いいただいているお客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。僕はずっとラウス昆布をお客様にオススメしてきましたが、不漁が続き、今までのように出しをとっても美味しい、そのまま食べても美味しいというような良質のラウス昆布はほとんど手に入らなくなってしまいました。しかも値段がものすごく、本当にものすごく高くなってしまってとてもお客様に自信をもっておすすめできるような状態ではないからです。耳昆布(切り落とし)はかろうじて入荷していましたのでご案内してきましたが、今回の売り出しをもってしばらく休売させていただきます。また自信をもってご案内できる日が待ち遠しいです。それまでは業務用利尻昆布200g1,000円(税別)をおすすめいたします。利尻昆布もラウス昆布に劣らず北海道を代表する出し昆布です。特に京都の料亭さんに好まれる出し昆布で、うま味はたっぷりのしっかりとした味なのに、くせは無く、澄んだきれいな色の出しがとれるということで定評のある昆布です。業務用利尻昆布200gはそんな利尻昆布の業務用をご家庭用に200gの袋詰めにした商品です。見た目の色や形はご進物用に劣りますが、ご家庭で毎日のお出しにお使いいただくのにおすすめです。



似顔絵



営業時間:平日 9:00-18:00



定 休 日 :土・日・祝


天満大阪昆布 主人 喜多條清光

ページトップへ